育て方を学んで自宅で栽培しよう~ブルーベリーを育てるメリット~ 

癒しの効果を得ることが出来るガーデニング

ガーデニングでブルーベリーを育てる事を夢見る人も少なくないはず。うまく育てばアントシアニンやポリフェノールたっぷりのブルーベリーを収穫することができるので、癒し効果を求めるにはピッタリの果物です。そんな癒しのガーデニングのためにブルーベリーの育て方を覚えましょう。

ブルーベリーの育て方のポイント

園芸用品

日当たりのいい場所で育てよう

実はブルーベリーは一日の半分が日陰の環境でも育つ植物ですが、木として元気でも肝心の果実の付きは悪くなります。ブルーベリーの育て方のコツはなるべく日当たりの良い場所で育てる事です。

土は酸性土のみで育てよう

ブルーベリーの育て方のコツは酸性の土壌で育てる事です。ブルーベリーの木の特性として、酸性の土でないと栄養を吸収できないので枯れてしまいます。土壌づくりに気を付けてください。

寒冷地で越冬するときは雪に注意

ブルーベリーは寒さに強い品種ですが、木が細いため雪が降るとその重みで木が折れてしまいます。育て方のポイントとして雪対策をすることをお勧めします。

専用の肥料を使う事がおすすめ

ブルーベリーは酸性土でないと育たないため肥料も酸性土に向いたものを使います。ブルーベリーを育てる方におすすめなのはブルーベリー専用の肥料です。ホームセンターなどで購入してください。

植えるときは2つの品種を植えましょう

ブルーベリーの育て方で忘れてはならないのは2つの品種を植える事です。ブルーベリーは自家受粉しにくいので、別品種を二種類以上使って受粉する必要があります。

土地や時期に合わせた対策が必要!失敗しないブルーベリーの育て方

園芸用品

人気の果樹!ブルーベリーとは

ブルーベリーはガーデニングで人気があるばかりでなくフルーツでも不動の人気があります。ブドウとは違うそのさわやかな香りと甘酸っぱい風味も万人に好まれやすい味ではありますが、目にいいアントシアニンや体にいポリフェノールが大量に含まれていると判明してからは、疲れ目などに効果のあるブルーベリーのサプリメントなどもたくさん発売されています。ブルーベリーがガーデニングで人気なのは、自宅で手軽にブルーベリーを楽しみたいという理由で始める人が多いようです。ちゃんと収穫まで育てるには、正しい育て方を守りましょう。

園芸用品

ブルーベリーを育てるのに適した環境

ブルーベリーは北アメリカ原産の果物です。日陰や寒さなどある程度厳しい環境でも育てる事が可能ですが、実際にブルーベリーに適した環境はまた別のお話です。ブルーベリーを正しい環境で育てる場合の育て方は、土が酸性の土であること、十分な日当たりを確保していること、水を十分に与えられる事が条件となります。生育に必要な適温は10℃~20℃とされ、日本では初夏の時期が収穫期に当たります。庭木だけでなく鉢やコンテナでも生育は可能です。鉢植えで育てる場合でも日当たりがよく、水やりをしても水はけがいいベランダなどで育てる事をお勧めします。

[PR]
ブルーベリーの育て方が知りたい
サイトから方法を見てみよう

かわいらしいお花の鑑賞も楽しめる

ブルーベリーはおいしい果実が魅力ですが、花も魅力的な事をご存じでしょうか。ブルーベリーは小さなベルがたくさん並んだような白くてかわいらしい花をつけます。ベルのような部分がやがて実となるのですが、育て方のコツとしては花も一緒に楽しみましょう。

広告募集中