ブルーベリーの弱点を把握して育て方に工夫を加えよう!

ブルーベリーの育て方に迷った時には~効果的な害虫対策方法~

ブルーベリーの弱点を把握して育て方に工夫を加えよう!

園芸用品

なかなか実が付かない場合の対処法

ブルーベリーの育て方として気になるのはなかなか実がつかないケースの事です。まず原因の一つとして花が咲いていないというケースがあります。これは日当たりなどが関係するので、最初からの生育環境整備が必要となります。他にも水不足や水のあげすぎ、肥料があわないなど様々な要因が考えられます。ブルーベリーに適した環境で育て、枝が伸びてきたらしっかりと剪定することがポイントです。本来ブルーベリーの剪定は冬ですが、花をつける前に長く伸びた枝を整えると環境を変える事ができます。

庭

ブルーベリーに発生する害虫について

ブルーベリーに発生する害虫はカイガラムシ、アブラムシ、コウモリガの幼虫などです。特にコウモリガの幼虫は茎の中に侵入し芯を食い荒らす厄介な虫のため、見かけたら早め駆除が必要です。ガの幼虫系はとにかく葉の食害が多いため、こまめに周辺の雑草を刈り取るなどの細かい対処が育て方のポイントです。また果実がなって甘い香りがだたよう頃スズメバチやアシナガバチも果実を狙ってきます。どちらも刺されると危険な蜂なので収穫時には注意してください。

ブルーベリーの地植えと鉢植えの違い

ブルーベリーの地植えについて

家のガーデニングの庭木としてブルーベリーを楽しむなら地植えがお勧めです。育て方のポイントは最初に植える場所を間違えない事です。日は当たるか、他の植物と被らないかなどの点に注意しましょう。

ブルーベリーの地植えと鉢植えの違い

ブルーべりーの鉢植えの育て方のポイントは鉢に合った大きさのブルーベリーの木を選ぶ事です。鉢植えの場合は地植えと違って移動が可能なので、生育場所が向いていなければ移動という手段が取れます。また害虫など他の植物の影響を受けにくいのも鉢植えと地植えの違いです。

広告募集中